おすすめのドッグフード「ブルー」

「ブルー」はアメリカのブルーバッファロー社が製造販売を行っているドッグフードです。少し前まで「ブルーウィルダネス」という商品名で販売されていましたが、日本での販売が打ち切りとなってしまい、入手困難な製品となっていましたが、再び日本での販売が開始されました。こちらのドッグフードはどのような点が特徴かと言うと、まず、タンパク質の豊富な骨抜き鶏肉を使用し、チキンをメインにしながら犬にとって必要な栄養素をたっぷり摂れるという点です。また、穀物や野菜とのバランスも良いのも利点です。原材料の中に、「チキンミール」との記載があります。一般的にチキンミールやミートミールと言うと「肉以外の物が入っているのではないか。」と疑う方も多いですが、公式ホームページでは、「副産物は一切使用しておりません。」との記述があるので安心です。原材料の成分として、穀物もありますが、玄米や大麦など、わんちゃんがアレルギーを起こしにくいものを使っている点も注目です。一般的にドッグフードにはコスト低減のために、小麦やトウモロコシ、大豆等の穀物を使用している場合が多くありますが、わんちゃんにとってこれらの穀物は消化器官に大きな負担を与え、アレルギーの原因となる場合もあるため、ドッグフードの原材料として好ましいものではありません。このような点からも、わんちゃんにとってとても優しい製品となっております。合成着色料や合成香料、合成保存料のような添加物を使用していないのもポイントです。